お気軽にお問合せください

0949-22-0139

日帰りポリープ手術について

当院では、大腸内視鏡検査の際に、大腸ポリープや早期大腸がんが発見された場合は、日帰りでのポリープ切除術を行っています。つまり、検査の流れの中で、ポリープが見つかれば、そのままその病変を切除します。多くの施設のように、検査時にまず観察だけに留めておいて、後日もう一度、ポリープ切除のために大腸内視鏡検査をするといった必要がありません。もちろんポリープを切除するために入院する必要もありません。

大腸ポリペクトミー

大腸ポリペクトミーとは
  1. ポリープの下に生理食塩水を注入しポリープを浮かせた状態にします。
  2. スネアという輪をポリープにかけます。
  3. スネアの輪を縮めてポリープを締め付け、この状態でスネアに電気を流してポリープを切除します。
  4. ポリープを回収します。
  5. 切除面に出血などの異常があれば処置を行います。
大腸検査の必要性

大腸がんの殆どは、大腸ポリープから発生します。大腸ポリープは大きくなるに従い、表面の一部からがんが発生してきます。気付かずにいると徐々に大きくなり、進行がんになってしまいます。

こうなるとリンパ節転移や他臓器への転移の可能性が出てきますので、内視鏡では切除不可能となります。そのため、切除不可能になる前に大腸ポリープ(良性)のうちに切除する必要があるわけです。

近年、食生活の欧米化により大腸がんは増えてきています。がんによる死亡数は、現在男性では第3位、女性ではすでに第1位となっております。2020年には、罹患数、罹患率とも男女ともに第1位になると見込まれています。

厚生省班会議の多施設共同研究で、ポリープを切除した群では、5年後の大腸がん罹患率は0.7%、10年後で2.2%であったのに対し、ポリープを切除していない群では、5年後の大腸がん罹患率は1.0%、10年後では5.2%でした。つまり、ポリープを切除すると大腸がんになる確率は有意に低くなり、ポリープを内視鏡的に切除することにより、大腸がんが減ることが証明されています。

大腸ポリペクトミー後の注意点

 

  • 1週間の食事・運動など生活上の制限がありますが、大腸ポリープの大きさ、深さなどにより、制限の期間は異なります。
  • 1週間は胃腸に優しい食事をしてください。アルコール、刺激物(とうがらし、炭酸飲料)、脂っこいもの(肉類、揚げ物、ラーメン)、なま物は避けてください。
  • 散歩などの軽い運動は検査翌日から可能ですが、腹圧のかかる運動(ゴルフ、テニス、ジョギングなど)は 1週間避けてください。

 

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0949-22-0139

診療時間

 
午前 ×
午後 × ×
診療時間

平日8:20~12:00/14:00~18:00
木曜8:20~12:00
土曜8:20~12:00/13:30~17:00

休診日

木曜日午後・日曜日・祝日

アクセス

駐車場がすこし離れております。ご利用の際は下記の地図をご確認ください。

!!オレンジのホテルが目印になります。すえひろ駐車場。  直方市古町7-22

お問合せ・ご予約

お問合せはお気軽に
0949-22-0139

メールでのお問合せは、24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。